セサミンサプリ

白ゴマと黒ゴマではセサミンの質や量が違う

白ゴマと黒ゴマの違いはどういったものなのでしょうか。

まず第一に、品種の違いが挙げられます。
黒ゴマはかねてから、不老長寿、若返りの元として使用されてきた経緯があります。
油脂分が白ゴマよりも少ないのも特徴です。
カルシウムには美白効果があるとされ、同時に皮膚のかゆみや乾燥肌に効力があるとされています。

黒ゴマの黒い色素、これはアントシアニンという成分です。
抗酸化作用が高いとされています。
産地はミャンマーやベトナム、タイなど、白ゴマよりも果皮の割合が多いのが特徴です。

逆に白ゴマには芳香性があるのが特徴、油脂分は約半分ほどを占めます。
産地は温帯、亜熱帯など、全世界中におよびます。
黒ゴマよりも甘いとされており、料理に多く用いられるのはこちらのほうになります。

では、肝心のセサミンの量はどちらが多いのでしょうか。
栄養的にはほとんど差はないとはされているものの、白ゴマのほうが油脂成分が多いため、セサミン量も多いと見られています。
一方で黒ゴマのほうは、表皮に栄養素があるとされており、その分強い抗酸化作用があるとされています。

白ゴマと黒ゴマ。
どちらをより多く使用すべきかというところは、結局のところ使用する方の考えによる部分が大きいです。

ダイエットを進めていきたいけど、油脂をあまりとりたくないという方は、油脂が少ない黒ゴマを。
油脂は関係ないけれど、栄養素をきちんと取り、健康な体を作っていきたいと思う方には、白ゴマがおすすめです。

近年は白ゴマ、黒ゴマのほか、金ゴマなど、いろんなゴマをベースにしたサプリメントも増えてきました。
それぞれ成分は異なりますし、さらにいろんな成分が配合されているサプリメントもあり、用途も人によってバラバラです。
ただ人気のあるサプリメントを選ぶのではなく、じっくり成分を見た上で、自分にマッチした健康食品を選ぶようにしましょう。

セサミンを摂取することで、生まれ変わった自分を実感してみてください。
その変わり具合に驚かれるはずです。